受験勉強してないのに受かった?【圧倒的努力をしてください】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
オンライン物理塾長あっきーという名の現役の早稲田生。高3秋から1か月で40点点上げ、センター試験では満点を取り、その経験を活かし塾講師として活躍。塾・学校・参考書の内容やカリキュラムに違和感を感じ数多くの高校生を救うため、大学2年生で「受験物理Set Up」を開設。今や多くの高校生が活用するサイトに発展。

どうも!オンライン物理塾長あっきーです!センター試験では物理満点をたたき出し、現役で早稲田大学に合格。1年間の塾講師を経験後、月2万人が利用するオンライン塾サイトを運営しています!

あっきー

先日ですね、googleの検索キーワードを調べていたら「受験勉強 してない受かった」という検索は結構多かったんですよね。

おそらく、「受験勉強してないけど受かるのかな?」と12月頃に思って検索したのか
「受験勉強したくないけど受かるのかな?」と夏休みくらい思って検索したのかなと思います。

確かに受験直前に勉強してない自分を正当化したいのもわかりますし、
勉強をあまりしたくないのもわかります。

そこで、これについて僕の考えをお話をしたいと思います。

ここで学べること

受験勉強してないのに受かったなんてありえません

 

答えは当たり前なんですが、勉強してないのに受かったなんてありえません。

受かる人はめっちゃ勉強してますし、受からない人はそれなりの勉強しかしていません。

まれに天性の地頭で合格する人もいますが、そういう人はそもそもこんな記事を読まないと思います。

皆さんは地頭もありませんし、センスもありません。ですから勉強しないで受かるなんてことは夢物語です。

 

結論:受験勉強は努力量で決まります

 

はっきり言うと、受験勉強は努力量で決まります。これは受験に限りません。

ですが、僕が今までの経験上、受験勉強ほど努力が報われる世界はないと思います。

中には努力しても2,3年後にようやく報われるような世界もあります。

ですから、受験なんて1年もありませんよね?それくらい圧倒的に努力してください。

努力した人は受かりますし、努力しなかった人は落ちます。ただそれだけです。

ノウハウや勉強法を効率よく得るのも大事ですけど、結局努力しない人はマジで負けます。

 

努力をする方法

 

とは言ってもどうやって努力をすればいいのか分かりませんよね。なのでその方法を教えていきます。

基本的に入試までにある程度時間がある人に向けて書きます。

主に以下の3つのステップでOKです。

  • とりあえず小さなことから始める
  • 受験勉強ができる環境を作る
  • 明確な目標を作る

 

とりあえず小さなことから始める

 

まず、いきなり大量の行動をしようとすると間違いなく挫折します。

「毎日英単語100個覚える」とか
「1日チャート20問解きます」とか
「1日10時間やります」とか
間違いなく挫折します(というよりこんなのいつまでたってもできません)。

受験生は1日10時間勉強しろと言われますが、部活引退後にいきなりできるわけがありません。

僕も最初は4,5時間できれば良い方でした。

まずは「1日3時間」とか「英単語毎日10個」とか小さなことから始めましょう。

それを徐々に増やしていけばいいのです。

受験勉強ができる環境を作る

 

また、努力できるかどうかは周りの環境次第です。

スポンサーリンク

これは「場所」という意味だけはありません。
1人で勉強するのか、友達と勉強するのかというのも関係してきます。

自分に合った勉強環境をまず整えるのが大切です。

特に目標が高い人と一緒に勉強することは非常に効果ありです。

そしてその人と同じように勉強すると良いです。

僕は、毎日学校で同じ志望校の友達と勉強していました。今思えば、めっちゃ勉強できてました。

 

明確な目標を作る

 

また、努力できない人に多いのが明確な目標がないということです。

「何のために?」というのがないとすぐガス欠します。

もちろん「志望校に合格するため」というのでも良いですが、より具体的なものでも良いです。

  • 周りをごぼう抜きして優越感に浸りたい
  • 3か月後の模試で学年1位取りたい
  • 女の子(男の子)に一目置かれたい

こういう感情的なものでも、明確な目標があるだけで人ってめっちゃ努力できます。

 

受験勉強は気づいたら努力できてます

 

努力って意識してなくても気づいたらできてます。

僕もそうで、休日も毎日学校に行って、平日も完全下校時刻まで残って勉強して、それを友達と繰り返してたら「1日10時間」の勉強はわりと問題なくできました。

環境と目標さえあれば努力はできます。

気づいたときにここまでやってたと思えるように必死に勉強してください。

 

努力は継続してこそ意味があります

 

ただ、いくら上のステップを踏んでも単発で終わっては意味がありません。

「よっしゃ今日10時間やったぜ」と言った次の日に0時間だったら努力でもなんでもありません。

毎日続けてください。入試が終わるまで毎日です。

受験勉強は努力と継続で決まります。

 

結果は3か月待ちましょう

 

しかし、模試などの結果に挫折しそうな気持ちになるかもしれません。
「夏休みあんなに勉強したのに全然取れない・・・」みたいに。

ですが、受験勉強は2,3か月後に結果が現れてきます。これは僕の実体験でもそうですし、データ的にも根拠はあります。

結果は3か月待って下さい。

たかが直近の模試で結果が出ないからと言って落ち込まないでとにかく圧倒的に努力してください。

 

やる気が出ない場合は?

 

どうしても努力ができない。

という人はおそらく上のステップがこなせていないか、あるいは単純にやる気がないだけです。

正直やる気が無かったら努力もくそもないですね。

まずはやる気を出しましょう。

やる気がない受験生はこちらの記事を読んでください。

 

まとめ:受験勉強してないから受かることはありません

 

いかがでしたか?

受験勉強してないから受かることはまずありません。

圧倒的に努力してください。

そして最後に、もしこの記事を見ている方は今すぐこのページを閉じて勉強してください。

それが努力家への一歩です。

それでは。

電磁気オンライン塾開講中です!

この記事を書いている人 - WRITER -
オンライン物理塾長あっきーという名の現役の早稲田生。高3秋から1か月で40点点上げ、センター試験では満点を取り、その経験を活かし塾講師として活躍。塾・学校・参考書の内容やカリキュラムに違和感を感じ数多くの高校生を救うため、大学2年生で「受験物理Set Up」を開設。今や多くの高校生が活用するサイトに発展。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 受験物理 Set Up , 2019 All Rights Reserved.